笑いヨガの歴史

ドクターマダン・カタリア(Dr. Madan Kataria)1995年3月、イン ド・ムンバイ在住の医師マダン・カタリアは、健康誌に「笑いは最高の薬」という記事を書いていました。机上調査で分かったのは、笑いが人間の心と身体に良い影響をもたらすことが立証されていて、それについて述べている多くの科学文献があるということでした。

気分が良くない時でも笑ってもいいのです

「笑える気分ではないし、笑う理由もありません。どうやって笑えば良いのでしょう?」その答えは、「身体の動きが感情を作る」という理論にあります。心と身体には確立された繋がりがあります。心に起こることは身体にも起こります。たとえば、抑うつ状態で悲しんでいる人を観察すれば、彼らの身体もうつになっているようです。ゆっくりと歩き、ゆっくりと話し、動作は全てゆっくりしています。